nkjmkzk.net

powered by Kazuki Nakajima

Archive for 8月, 2011

Twitterについて今、ふと思うこと。

僕がTwitterのアカウントを作成したのは確か2007年の春頃。比較的早くからサービスに触れていた方だと思います。といっても当初は試しに「今、皿を洗った。」とかつぶやいてみて、一体何が面白いんだこのサービスは?と瞬時に放置した記憶があります。はてブ等のソーシャルブックマークとかも同じようなスタートを切ったように記憶しています。

しかし今ふとこの2年を思い返せばTwitterは僕の仕事や人生に大きな影響を与えたと感じます。

Twitterをはじめとするソーシャルネットワークによってこの2年間、情報を入手するプロセスがキュレーションという言葉に表されるように変化し、また自分の考えを#タグというStreamに乗せてあたかもTVコマーシャルのように彼方まで送り出すことができるようになり、さらにFollowerやRTによって情報は増幅され自分のTweetも再帰的に大きな発信力を持つようになりました。そしてその情報のInput/Outputを繰り返す中で多くの人と出会いました。

考えてみると今自分がここにいる過程にはTwitterで発信したあの発言、入手したあの情報、あの会話、出会ったあの人達がマイルストーンとして存在します。一見Twitterとは関係なさそうなあの人も、実はTwitterが契機となって出会ったあの人に紹介したもらった、とかいうのがポロポロ出てくる。今、自分の身の回りにいる人、ある物、状況、よくよく考えれば直接的、間接的にTwitterの影響がそこら中に確認されます。

Twitterがなければ随分違う今になっていただろうと思います。それはそれですが、Twitterの影響を受けた今の自分のシチュエーション、僕はとても幸せです。

Twitterサービスのスペックは驚くほど単純なもので、スペック的にはそこにブレークスルーはないように思えます。しかしサービスは単純であっても、それが生活やビジネスを大きく変える可能性がある。発明(テクノロジー、アプリケーション、サービス)は最終的な価値(何かを劇的に変え豊かさを生み出すこと)に紐づくまでいくつかのホップがあると思います。ものによってはそれなりのホップ数を数えることもあるでしょう。僕はこの発明 => ホップ => 価値をイメージできる人間がビジョナリーであり、人に伝えて心を動かすことができるのがエバンジェリストだと思います。

僕はこのエバンジェリストという仕事をとても気に入っています。:)

without comments

Written by 中嶋 一樹

8月 11th, 2011 at 9:48 pm

Posted in Uncategorized

Tagged with ,