nkjmkzk.net

powered by Kazuki Nakajima

Archive for 2月, 2013

すごいアンケートへの機能追加「プレゼンターのパフォーマンスレポート」

すごいアンケートにプレゼンターのパフォーマンスレポート機能を追加しました。

僕はエバンジェリストとしてプレゼンを日々おこなう中で、プレゼンターは自分のパフォーマンスを客観的に定量化されたレポートできっちりレビューするべきだと常々考えています。今回追加した機能は、そういうユースケースに対応するものです。

このパフォーマンスレポート機能では、プレゼンターがこれまでに担当したイベントとその評価、そしてこれまでのパフォーマンスサマリーをグラフと統計情報で確認することができます。追加の設定は一切必要ありません。

今回のバージョン、v4 1.10にはその他下記のアップデートが含まれます。

  • アンケート一覧画面で各イベントのスコア(評価平均)を表示
  • 優先言語が英語に設定されているブラウザからアンケートを提出する際に発生していたエラーの修正

これまでにインストールされた組織では、自動的に最新バージョンにアップグレードされています。

すごいアンケートのインストールはこちらから。
https://appexchangejp.salesforce.com/listingDetail?listingId=a0N30000008a7DuEAI

without comments

Written by 中嶋 一樹

2月 24th, 2013 at 12:01 pm

オンラインアンケートアプリ「すごいアンケート」をリリースしました。

様々なセミナーでForce.comの技術要素を説明するためにしばしばご紹介していた「すごいアンケート」。この度このアプリをAppExchangeにて公開致しました。もちろん無償です。

http://appexchangejp.salesforce.com/listingDetail?listingId=a0N30000008a7DuEAI

*インストールにあたってはユーザーガイドをご覧ください。サイト機能を適切に設定する必要があります。

すごいアンケートは、30秒でオンラインアンケートを開設することができるForce.comネイティブ アプリです。セミナーや勉強会といったイベントにおいて思い立ったが吉時、ゲストはその場でモバイルデバイスを使ってフィードバックを入力することができます。

Force.comネイティブ アプリとは、Salesforce組織にインストールできるアプリで、メインのコードがForce.com上で稼働しているアプリです。すごいアンケートは100% Force.comだけで稼働するアプリです。

アンケート画面は超シンプルですが、モバイルでもストレスなく入力できるインターフェースを提供しています。

入力されたデータはリアルタイムに集計され、グラフ化されます。さらにグラフをクリックすることで、アンケートの回答をドリルダウンすることができます。

入力されたコメントは、Chatterのタイムラインに流れ込んできます。つまり、気になるアンケートはSalesforce上であらかじめフォローしておけば、自動的に自分のタイムラインにフィードバックが流れ込んできます。

機能ダイジェスト

  • 30秒でオンラインアンケートをオープン。
  • アンケートサイトのQRコードを自動生成。モバイルでもスキャンするだけで楽々アクセス。
  • 自動で集計、自動でグラフ化。それもリアルタイムで。
  • アンケート結果は気になる箇所をクリックしてドリルダウン。
  • 重要なアンケートは「フォロー」してフィードバックを入手。
  • ワンクリックでゲストに資料を送信。

テクノロジー的な見どころ

*トリッキーな箇所、という意味ではなく、Force.comの各要素がどのように実際のアプリで活用されるのかという意味で

  • ハイブリッドVisualforce – VisualforceでオリジナルのLook & Feelを醸し出しながら標準コンポーネントを組み込み、楽できるところは手を抜く。
  • Javascript Remoting – Javascript Remotingによって自在にApexを実行(開発効率的には多用するのがよいとはいえませんが)。
  • Chatter – コメントをChatterフィードに変換し、「レコードをフォローする」というChatter独特の旨味を堪能。
  • jQuery – jQuery, jQuery UI, jQuery MobileをVisualforceから多用し、アンケートをドラッグ&ドロップでソートするといった直感的なインターフェースを実装。
  • サイト – サイト機能によって内部<–Database–>外部の構造を表現。
  • Google Chart Tools – 本当はVisualforce Charting(Force.com組み込みのチャートライブラリ)でいきたいところですが、ドリルダウン実現のためにGoogle Chart Toolsを使用。要件によっては外部ライブラリを活用するのはもちろんアリでしょう。

AppExchangeページから「テストドライブを利用」をクリックいただくと実際のアプリのデモ版を触ってみることができます。

また、githubでソースをすべて公開しています。各テクノロジーの実装方式の確認にどうぞ。

https://github.com/nkjm/sugoisurvey

Enjoy.

without comments

Written by 中嶋 一樹

2月 5th, 2013 at 6:15 pm