nkjmkzk.net

powered by Kazuki Nakajima

Oracle Database 11.2.0.2公開 ACFSの新機能を少し紹介

ひっそりとOracle Database 11.2.0.2が公開されました。ひっそりと公開している割には新機能が結構あります。Databaseに連動してASM/ACFSが含まれるGrid Infrastructureもアップデートされています。特にACFSの新機能について独断と偏見で選んだ目玉を3つ紹介します。

  • 暗号化

ACFSに格納するデータをリアルタイムに暗号化します。

  • レプリケーション

リモートのACFSにデータを非同期レプリケートします。Data GuardのようにTransaction LogならぬReplication Logを転送することでレプリケーションを実現しています。レプリケートは手動で止めたり、再開したりできます。ただ、暗号化とは併用できないのでご注意を。

  • Solaris対応

ついにSolarisにもACFSがキマシタ。ZFSが超イケてるファイルシステムなのは言うまでもないですがACFSが使えるようになったことで、複数のSolarisノード間でクラスターファイルシステムが構成できるようになり、分散ストレージ環境(Storage GRID)でのデータの共有が簡単に実現できます。

*理論的にはローカルHDD/SSDをZFSからiSCSIでエクスポートして、相互にiSCSIログインしてそれをASMのDISKGROUPとすればストレージ無しで冗長性のあるクラスターファイルシステムを構成するというワケのわからない構成も可能かも。でも相互依存が強過ぎてリブートとかできなくなるのでやめときましょう。

*そういうことをするときはVMでストレージノードとサーバノードを分けるのがオススメです。サポート云々は抜きにして。

新機能の完全なリストと使い方はこちら。

What’s new in Oracle Automatic Storage Management ?

without comments

Written by 中嶋 一樹

9月 14th, 2010 at 10:41 pm

Posted in Uncategorized

Tagged with , ,

Leave a Reply