nkjmkzk.net

powered by Kazuki Nakajima

Unbreakable Enterprise Kernelを使おう – インストール編

9/19に行われたOracle Open World 2010のキーノートにてUnbreakable Enterprise Kernelがアナウンスされ、即時利用可能になっています。

Oracle Linux with Oracle’s Unbreakable Enterprise Kernel

Unbreakable Enterprise KernelはOracleが満を持して投入するOracle Linuxのカスタムカーネルとそのサブセットです。カーネルは2.6.32がベースとなっており、OCFS2 1.6をはじめ多くの拡張が施されています。
コミュニティでの最新の開発成果とOracleがハイエンドシステムで培ったカスタマイズを盛り込み、かつ完全にサポートを得られるOS、それがOracle Linux with Oracle’s Unbreakable Enterprise Kernelです。(長くてすみません)

そして驚くべきことにこのUnbreakable Enterprise Kernelは誰でも利用可能です。利用するにあたりサポート契約は必要ありません。
んじゃ早速使ってみようじゃないの!ということでインストールしてみます。

Unbreakable Enterprise Kernelは新しいOSディストリビューションとして提供されるわけではなく、RPM形式で既存のOracle Linuxにアップデートインストールすることになります。
Oracle LinuxのUBL契約(サポート契約)をお持ちの方はこれまで通りULN(Unbreakable Linux Network)を使ってインストールできます。ULNにはすでに「Oracle Linux 5 Latest (x86_64)」のChannelが開設されていますのでこのChannelを対象Systemのサブスクリプションに追加し、その後でup2dateコマンドを発行すればインストールできます。

OL->ULN
が、UBL契約がある方はそもそも正式な問い合わせ先があるはずなので詳しくは割愛します。

下記ではまったく何の契約もしてないユーザがUnbreakable Enterprise Kernelをインストールする手順をまとめておきます。

まずは素のOracle Linuxを用意します。今すでにOracle Enterprise Linux 5.x x86_64のOSが手元にあればそれでOKです。なければOracle Linux 5.5 x86_64を普通にインストールしましょう。

*ちなみにUnbreakable Enterprise Kernelは64bit版のみの提供です。ハイエンド向けなので。

今回下記の手順はOracle VM上のゲストOSで行っており、ゲストOSにはOracle Linux 5 update 5 template – PV x86_64(64bit)のVM Templateを使用しています。
OL->E-delivery

Unbreakable Enterprise Kernelのバイナリは1つしかありませんが、このひとつのバイナリでベアメタル(非仮想化)OS、準仮想化OS双方に対応します。これは、このカーネルでPvopsが有効となっていることを意味しています。先進のカーネルを使うことにはこのようなメリットもあるわけです。

Oracle Linuxの準備が整ったら、OSにログインしてPublic Yum Serverを登録します。Public Yum ServerとはOracleがOracle LinuxおよびOracle VMのレポジトリをyumを使ってインストール/アップデートできるように一般公開しているものです。ここにはパッチは含まれませんが、Unbreakable Enterprise Kernelをここから取得することができます。Public Yum Serverを登録するには下記のよう.repoファイルを入手し、このファイルを編集してoel5_u5_baseのレポジトリを有効化します。

[root@~]# cd /etc/yum.repos.d/
[root@~]# wget http://public-yum.oracle.com/public-yum-el5.repo
[root@~]# vi public-yum-el5.repo
[el5_ga_base]
name=Enterprise Linux $releasever GA - $basearch - base
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/EnterpriseLinux/EL5/0/base/$basearch/
gpgkey=http://public-yum.oracle.com/RPM-GPG-KEY-oracle-el5
gpgcheck=1
enabled=0

[el5_u1_base]
name=Enterprise Linux $releasever U1 - $basearch - base
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/EnterpriseLinux/EL5/1/base/$basearch/
gpgkey=http://public-yum.oracle.com/RPM-GPG-KEY-oracle-el5
gpgcheck=1
enabled=0

[el5_u2_base]
name=Enterprise Linux $releasever U2 - $basearch - base
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/EnterpriseLinux/EL5/2/base/$basearch/
gpgkey=http://public-yum.oracle.com/RPM-GPG-KEY-oracle-el5
gpgcheck=1
enabled=0

[el5_u3_base]
name=Enterprise Linux $releasever U3 - $basearch - base
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/EnterpriseLinux/EL5/3/base/$basearch/
gpgkey=http://public-yum.oracle.com/RPM-GPG-KEY-oracle-el5
gpgcheck=1
enabled=0

[el5_u4_base]
name=Enterprise Linux $releasever U4 - $basearch - base
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/EnterpriseLinux/EL5/4/base/$basearch/
gpgkey=http://public-yum.oracle.com/RPM-GPG-KEY-oracle-el5
gpgcheck=1
enabled=0

[el5_u5_base]
name=Enterprise Linux $releasever U5 - $basearch - base
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/EnterpriseLinux/EL5/5/base/$basearch/
gpgkey=http://public-yum.oracle.com/RPM-GPG-KEY-oracle-el5
gpgcheck=1
enabled=0

[ol5_u5_base]
name=Oracle Linux $releasever - U5 - x86_64 - base
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL5/5/base/x86_64/
gpgkey=http://public-yum.oracle.com/RPM-GPG-KEY-oracle-el5
gpgcheck=1
enabled=1

[el5_addons]
name=Enterprise Linux $releasever - $basearch - addons
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/EnterpriseLinux/EL5/addons/$basearch/
gpgkey=http://public-yum.oracle.com/RPM-GPG-KEY-oracle-el5
gpgcheck=1
enabled=0

[el5_oracle_addons]
name=Enterprise Linux $releasever - $basearch - oracle_addons
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/EnterpriseLinux/EL5/oracle_addons/$basearch/
gpgkey=http://public-yum.oracle.com/RPM-GPG-KEY-oracle-el5
gpgcheck=1
enabled=0

次に依存関係のあるASM関連パッケージとocfs2関連パッケージを一旦削除します。

[root@~]# yum erase oracleasm oracleasm-support ocfs2 ocfs2-tools

アップデートを実施します。この操作でカーネルをはじめ、多くのUnbreakable Enterprise Kernelパッケージがインストールされます。

[root@~]# yum update

ocfs2関連パッケージをインストールします。

[root@~]# yum install ocfs2-tools ocfs2console reflink

これで全てではありませんが、主要なUnbreakable Enterprise Kernelパッケージのインストールは完了です。リブートして新しいカーネルで無事ブートできることを確認します。

[root@~]# init 6

ブート後にカーネルバージョンをみておきましょう。

[root@~]# uname -r
2.6.32-100.0.19.el5

これでアップデートは完了です。
別のポストでUnbreakable Enterprise Kernelの醍醐味を紹介してきたいと思います。

with 4 comments

Written by 中嶋 一樹

9月 21st, 2010 at 2:06 pm

Posted in Uncategorized

Tagged with

4 Responses to 'Unbreakable Enterprise Kernelを使おう – インストール編'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'Unbreakable Enterprise Kernelを使おう – インストール編'.

  1. [...] こちらのポストでUnbreakable Enterprise Kernelをインストールすれば、すぐにOCFS2 1.6及びreflinkが使える状態になっています。 [...]

  2. любительской камерой домашнее порно

    уайльд мальчик звезда

    http://sasha-grey.gig-tube.com/videos/show/25

    саша грей групповуха онлайн

    великолепная саша грей
    порно торрент саша грей

    gegaillioke

    9 7月 11 at 4:43 PM

  3. Продается башенный кран Liebherr 112 EC-H Высота: 42м Грузоподъемность: 8000кг Вылет стрелы: 55м Цена: 3300000 руб. Технические характеристики башенного крана Liebherr 112 EC-H: Подробности на сайте BAUKRAN.RU или по телефону: (926) 650-28-45

    BauKran

    27 8月 11 at 5:38 AM

  4. 泌礦辷鱚, 珞跏辷髓鞐鴈 黻琺蓿 鱚踈.

    livestroy

    28 7月 12 at 11:36 PM

Leave a Reply