nkjmkzk.net

powered by Kazuki Nakajima

COMSTARの設定

Solaris 11 Expressから利用可能となったCOMSTARの使い方を解説します。

COMSTARはアクセス制御、ターゲットとLUのマッピングなど、非常に柔軟な設定が可能になっている反面、従来のiSCSI Target機構よりも登場するオブジェクトが多く少々複雑です。なのでCOMSTARを操るにあたってはまず登場オブジェクトの一覧とそれらの相関関係を理解しておくことが望ましいでしょう。

以下では最もシンプルな構成と応用的な構成の2つの例を挙げ、各オブジェクトの相関関係を図解しつつ設定方法を掲載しています。

最もシンプルな構成

接続先となるTargetを作成します。

[root@~]# itadm create-target -n iqn.2011-06.oracle:db
Target iqn.2011-06.oracle:db successfully created

zvolを作成します。

[root@~]# zfs create -V 10g rpool/db1

作成したzvolを指定してLUを作成します。

[root@~]# stmfadm create-lu /dev/zvol/rdsk/rpool/db1
Logical unit created: 600144F017C24A0000004DF1060C0003

作成したLUを指定してViewを作成します。

[root@~]# stmfadm add-view 600144F017C24A0000004DF1060C0003

この構成ではViewとTargetの紐づけ、あるいはネットワークインターフェースとTargetの紐づけが行われていません。この場合はiSCSIクライアントはすべてのネットワークインターフェース経由でTargetに接続でき、さらにTargetにログインするとすべてのLUが見えることになります。

応用的な構成


接続を許可したいネットワークインターフェースのIPアドレスを指定してTarget Portal Groupを作成します。

[root@~]# itadm create-tpg ixgbe1 172.22.0.63

接続先となるTargetを作成します。このとき、作成しておいたTarget Portal GroupとTargetを紐づけることで、このTargetへの接続を受け付けるネットワークインターフェースを指定します。

[root@~]# itadm create-target -n iqn.2011-06.oracle:db -t ixgbe1
Target iqn.2011-06.oracle:db successfully created
[root@~]# itadm create-target -n iqn.2011-06.oracle:dev -t ixgbe1
Target iqn.2011-06.oracle:dev successfully created

Target Gruopを作成してそのメンバーに先ほど作成したTargetを加えます。この作業は一旦Targetをオフラインにする必要があります。

[root@~]# stmfadm create-tg db
[root@~]# stmfadm create-tg dev
[root@~]# stmfadm offline-target iqn.2011-06.oracle:db
[root@~]# stmfadm offline-target iqn.2011-06.oracle:dev
[root@~]# stmfadm add-tg-member -g db iqn.2011-06.oracle:db
[root@~]# stmfadm add-tg-member -g dev iqn.2011-06.oracle:dev
[root@~]# stmfadm online-target iqn.2011-06.oracle:db
[root@~]# stmfadm online-target iqn.2011-06.oracle:dev

Host Groupを作成してそのメンバーに接続を受け付けるiSCSIクライアントのIQNを加えます。

[root@~]# stmfadm create-hg db
[root@~]# stmfadm create-hg dev
[root@~]# stmfadm add-hg-member -g db iqn.2011-06.oracle:dbserver1
[root@~]# stmfadm add-hg-member -g db iqn.2011-06.oracle:dbserver2
[root@~]# stmfadm add-hg-member -g dev iqn.2011-06.oracle:devserver1

zvolを作成します。

[root@~]# zfs create -V 10g rpool/db1
[root@~]# zfs create -V 10g rpool/db2
[root@~]# zfs create -V 10g rpool/db3
[root@~]# zfs create -V 10g rpool/dev1

作成したzvolを指定してLUを作成します。

[root@~]# stmfadm create-lu /dev/zvol/rdsk/rpool/db1
Logical unit created: 600144F017C24A0000004DF1080E0003
[root@~]# stmfadm create-lu /dev/zvol/rdsk/rpool/db2
Logical unit created: 600144F017C24A0000004DF1080E0004
[root@~]# stmfadm create-lu /dev/zvol/rdsk/rpool/db3
Logical unit created: 600144F017C24A0000004DF1080E0005
[root@~]# stmfadm create-lu /dev/zvol/rdsk/rpool/dev1
Logical unit created: 600144F017C24A0000004DF1080E0006

これまでに作成したTarget Group, Host Group, LUを紐づけるViewを作成します。

[root@~]# stmfadm add-view -t db -h db 600144F017C24A0000004DF1080E0003
[root@~]# stmfadm add-view -t db -h db 600144F017C24A0000004DF1080E0004
[root@~]# stmfadm add-view -t db -h db 600144F017C24A0000004DF1080E0005
[root@~]# stmfadm add-view -t dev -h dev 600144F017C24A0000004DF1080E0006

登場オブジェクト一覧

Target Portal Group:

iSCSI接続を受け付けるネットワークインターフェースのグループ。

Target:

iSCSIクライアントから接続する際に宛先となるIQN。Target Portal Groupを指定することによりネットワークインターフェースを制限できる。

Target Group:

Targetのグループ。

Host Group:

接続を受け付けるiSCSIクライアントのInitiator IQNをリストしたグループ。

zvol:

データを格納するボリューム。

LU:

iSCSIでエクスポートするzvol。

View:

LU、Host Group, Target Groupを紐づける設定。

without comments

Written by 中嶋 一樹

6月 9th, 2011 at 9:41 pm

Posted in Uncategorized

Tagged with ,

Leave a Reply