nkjmkzk.net

powered by Kazuki Nakajima

ゲストOSでクラッシュダンプを取得するには

現在のところOracle VM上のゲストOSクラッシュダンプを取得したいとき、kdumpは使えなさげです。しかしながらxm dump-coreコマンドを使えば同等のことがもっと簡単に実装できます。

まず、対象のゲストOSのvm.cfg(設定ファイル)を編集してクラッシュ時の動作を設定します。

# vi /OVS/running_pool/GUEST/vm.cfg
on_crash = preserve

このように設定することでゲストOSがクラッシュした際に再起動等を行わずにメモリイメージを保持させることができます。

そして実際にクラッシュした際にxm dump-coreでそのメモリイメージをダンプします。

# xm dump-core -C [DOMAIN_ID] [OUTFILE]

これでOUTFILEとしてクラッシュダンプが生成されます。

without comments

Written by 中嶋 一樹

2月 17th, 2009 at 9:11 am

Posted in Uncategorized

Tagged with ,

Leave a Reply