nkjmkzk.net

powered by Kazuki Nakajima

HTML5アプリのプラットフォームとして最高なForce.com

僕はHTML5アプリを開発するプラットフォームとしてForce.comは極めて優れた、心地よい開発基盤だと考えています。何故か?

API First

モダンなWebサービスではバックエンド(データベース)側にAPIを整備し、フロントエンド(UI)は一貫してAPIを通じてバックエンドとやりとりするという構成が少なくありません。特にHTML5アプリではユーザーの操作に応じて適宜Ajaxコールをおこない画面を動的に生成していきます。

Force.comではオブジェクト(テーブル)を作成すると、そのオブジェクトに対するREST APIが自動的に作成されます。そのため開発者はバックエンドにAPIを整備する必要がありません。オブジェクトを作成すればすぐにフロントエンドから突っつくことができます。

api_centirc_architecture

Javascript Remoting

バックエンドのAPIはJavascriptから簡単にコールできます。Force.comではJavascript Remotingという仕組みでバックエンドのAPIをJavascriptのメソッドにマッピングすることができるため、開発者は対応するメソッドを実行するだけでAPIをコールできます。Javascriptは僕がForce.comの中で最も気に入っている機能の一つです。

豊富なサンプル

Webアプリの開発は数多あるライブラリの活用なしには考えられない時代です。AngularJS, jQuery Mobile, Backbone.js, Knockout.jsといったライブラリは多くの開発者が愛して止まないものだと思います。

これらのライブラリをForce.comでどのように適用すればいいのか、すぐに始められるテンプレートが用意されています。これらのテンプレートはサンプルコードとしても大変有用です。

僕はすごいアンケートの最新バージョンの開発においてAngularJSとTwitter Bootstrapを活用してアプリケーション全体を再構築しました。特にユーザーインターフェースについてForce.com固有の機能はほとんど使っていません。HTML, CSS, Javascriptとオープンなライブラリを活用したHTML5アプリになっています。

Force.comはクリックベースでアプリケーションを開発する、あるいはVisualforceとApexという専用言語で開発するといった認識をお持ちの方がいるかもしれませんが、実際にはBaaSとしてHTML5アプリを開発するプラットフォームとして類例のない開発基盤だと思います。

Force.comは極めて多面的なプラットフォームです。前述の通り、標準画面を活用したクリックベースの高速開発もできますし、APIを中心としたHTML5アプリの開発、モバイルアプリの開発もおこなうことができます。これは全く異なる開発シナリオであり、どちらも「あり」だと思います。

クリックベースの開発事例は数えきれないほどあります。その点でForce.comの高速開発の価値は知られていますが、Force.comにはもう一つのBaaSとしての顔があり、これがたいそう優れモノなのです。

僕は日本でもっとAPI中心のForce.com開発を浸透させ、多くのHTML5アプリ、モバイルアプリがリリースされるように啓蒙を推し進めていこうと考えています。第一弾としてAngularJSを使ったForce.com開発入門を近々ブログにアップし、セミナーを実施しようと思っています。あー、楽しみだ。

without comments

Written by 中嶋 一樹

1月 22nd, 2014 at 12:43 pm

Posted in Uncategorized

Tagged with , ,

Leave a Reply