nkjmkzk.net

powered by Kazuki Nakajima

ovmzfsセットアップ手順

資料ではかなり省略して書いてあったのでひとまずここにセットアップ手順を書いておきます。

構成のイメージ

ovmzfs_minimum_design

OpenSolarisセットアップ

OpenSolaris 2009.06をインストールします。

SUNWiscsidm, SUNWiscsit, SUNWiscsitgtをインストールし、iscsitgtdを起動する

[root@opensolaris]# pkg install SUNWiscsidm SUNWiscsit SUNWiscsitgt
[root@opensolaris]# svcadm enable iscsitgt

VM Server & VM Managerセットアップ

Oracle VM 2.2のVM Serverをインストールします(このあたりはマニュアル@ITの記事このブログの記事等を参照ください)

VM Serverのパーティションレイアウトはカスタム設定で以下のようにしておきます。

/boot ext3 200MByte

swap 1280MByte

/ ext3 残り全部

Oracle VM Managerをインストールします。もし、VM Manager用のゲストOSもしくはNativeOSを用意することが難しい場合は、VM Server上にVM Managerをインストールするという荒技も可能です。以下のようにVM ManagerのisoファイルをVM Server上でマウントし、通常通りrunInstaller.shを起動すればインストールできます。

[root@vmserver]# mount -o loop,ro OracleVM-Manager-2.2.iso /mnt
[root@vmserver]# sh /mnt/runInstaller.sh

VM ManagerをVM Server上にインストールした場合は、以下の[root@vmmanager]は[root@vmserver]と読みかえてください。

SSH設定

vmmanagerでovmzfsを実行するユーザにsuします。rootでもOKです。

公開鍵を生成します。

[root@vmmanager]# ssh-keygen

生成した公開鍵を以下に対して登録します。

  • VM Serverのrootユーザ
  • ZFSサーバPrimary Administratorとなっているユーザ(インストール時にユーザを作成していなければroot、作成していればそのユーザ)
[root@vmserver]# mkdir $HOME/.ssh && chmod 700 $HOME/.ssh
[root@vmserver]# vi $HOME/.ssh/authorized_keys

(vmmanagerのid_rsa.pubの内容をコピーする)

[user@opensolaris]$ mkdir $HOME/.ssh && chmod 700 $HOME/.ssh
[user@opensolaris]$ vi $HOME/.ssh/authorized_keys

(vmmanagerのid_rsa.pubの内容をコピーする)

*OpenSolarisのrootユーザを使用する場合は/etc/ssh/sshd_configのPermitRootLoginをyesにし、svcadm restart sshしておきます。

vmmanagerからそれぞれのホストのsshでログインして、プロンプトなしでログインできることを確認します。

python-ZSIインストール

VM Managerにpython-ZSIをインストールします。python-ZSIはULN(Unbreakable Linux Network)のEnterprise Linux 5 Add-onsのChannelにあります。

[root@vmmanager]# up2date python-ZSI

ULNが使えないという人はこちらからRPMをダウンロードしてrpm -iでインストールしてください。

python-ZSI-2.1-a1.el5.noarch.rpm

ovmzfsセットアップ

VM Managerにovmzfsをインストールします。ovmzfsは一つのpythonスクリプトなのでこのファイルをパスの通っているディレクトリに置けばOKです。

[root@vmmanager]# wget http://nkjmkzk.net/wp-content/uploads/2009/11/ovmzfs-0.81.zip
[root@vmmanager]# unzip ovmzfs-0.81.zip
[root@vmmanager]# mv ovmzfs /usr/bin/

以下のようにovmzfsを実行します。対話的に初期設定が行われ、必要なモジュールファイルがVM Managerからダウンロードされ、ZFSサーバでレポジトリが初期化されます。

[root@vmmanager]# ovmzfs init

ZFSサーバの初期化が成功すると以下のようなメッセージが出力されます。

>>>                                 >>>
>>> New repository has been created >>>
>>>                                 >>>
Shared Filesystem for /OVS is exported as opensolaris:/rpool/ovmzfs/[POOL NAME]/ovs
Please run following command on VM Server.

[root@vmserver]# /opt/ovs-agent-2.3/utils/repos.py --new opensolaris:/rpool/ovmzfs/[POOL NAME]/ovs
(UUID of this filesystem will be displayed)

[root@vmserver]# /opt/ovs-agent-2.3/utils/repos.py --root [UUID]
And then, please create Server Pool using VM Manager

このメッセージに沿ってVM Server上でレポジトリを登録します。

VM Serverで共有ディスクを登録します。

[root@vmserver]# /opt/ovs-agent-2.3/utils/repos.py --new opensolaris:rpool/ovmzfs/[POOl NAME]/ovs
[ NEW ] 5bcd80df-cb99-496a-8130-8713560f6fb8 => opensolaris:rpool/ovmzfs/[POOL NAME]/ovs

[root@vmserver]#/opt/ovs-agent-2.3/utils/repos.py --root 5bcd80df-cb99-496a-8130-8713560f6fb8

次にVM ManagerからServer Poolを作成し、先ほどのVM Serverを登録します。

このとき、Server Pool名はovmzfsの初期設定で入力した値と一致しなければいけないことに注意してください。

無事にVM ManagerでServer Poolが作成できればovmzfsのセットアップは完了です。VM Serverが複数ある場合はVM Managerから追加登録してください。

without comments

Written by 中嶋 一樹

11月 3rd, 2009 at 7:57 pm

Posted in Uncategorized

Tagged with , ,

Leave a Reply