nkjmkzk.net

powered by Kazuki Nakajima

Oracle VMってどんなの?

OracleVMはORACLEが提供している仮想化ソフトウェア。OracleVMはHyperviosr型でそのエンジンにはXenを採用しています。OracleVMの特徴を要約すると、

Xen + 独自拡張(GUI, H/A Cluster, QoS等々) + ORACLEのサポート

な感じです。

OracleVMにはVM ServerとVM managerという2つのコンポーネントが存在します。VM Serverは仮想マシン(ゲストOS)を稼動させるコンポーネントで、I/Aサーバ機に直接インストールします。このVM Serverはそれ単体でもコマンドラインから仮想マシンを作成したり、起動/停止することができますが、それらの操作はGUI上でも行うことができます。その機能を提供するのがVM Managerです。VM ManagerはRedhat Enterprise LinuxまたはOracle Enterprise Linux上で動作するソフトウェアで、Webアプリとして動作します。なのでVM Managerへのアクセス、操作はブラウザ経由で行います。VM Serverが複数台あってもコイツがあれば一元管理が可能ってわけです。このVM Managerを使えば以下のような一般的な管理作業はすべてGUIベースで行うことができます。*ちなみにバージョンは2.1.2

  • 仮想マシンの新規作成
  • 仮想マシンの起動/停止
  • 仮想マシンのテンプレート化
  • テンプレートから仮想マシンを作成
  • 既存の仮想マシンの複製(複製台数を指定可能!)
  • H/Wリソースの調整(CPUコア数、メモリ容量、ディスク、NIC、ディスクI/O優先度、ネットワーク帯域幅制限)

画面はこんな↓です。

ログイン画面

 

3086624522_5355363dc2_o

ログイン後のトップ画面。仮想マシンのリストが表示されます。

 

3086624566_7326c5f138_o

任意の仮想マシンをクリックして詳細情報を表示。

 

H/Wリソースの調整もここから行えます。

3086624642_c48c1e789a_o

やっぱりGUIでポチポチ操作ができるとマニュアル読まなくても使えちゃうので便利ですね。

なのでXenを使いたいんだけどコマンド操作ってちょっと億劫、なんて人には便利です。これ、完全に無料で使えるので。フフフ。

without comments

Written by 中嶋 一樹

12月 6th, 2008 at 7:19 pm

Posted in Uncategorized

Tagged with

Leave a Reply